自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】

早期発見のため注意しよう

男性

家族の異変に注意しよう

家族や同僚が長く元気なかったり、極端に仕事や家事などをしてミスが続いたり、口数が少なかったりした場合はうつ病の前触れかもしれません。そのような気配を察知したらうつ病のチェックを行うべきです。そこまでの状態でなくてもストレスの原因を明確化すれば、セルフケアや周囲でサポートすべきです。それらを実行することでリスクを軽減できます。これらのチェックは本人の状態を良く見極めた上で何度も実行することが必要です。その時々に合わせて対応する必要があります。しかし、うつ病の可能性のある人に接する時に気をつけなければいけないことがあります。決して、むやみに励ましたり、本人を否定するような言葉を投げかけたりすることは症状の悪化につながります。なぜなら、当たり前のことができないから、自身は精一杯に行動した結果、うつ病を招いています。なので、励ましや非難は本人の悲観的な心境をさらに悲観的にさせるだけです。まずは、本人に「自分はあなたのことを心配している」ことをしっかり伝え、本人に話を聞く体勢を聞く姿勢を見せるようにしましょう。家族や同僚の異変に気づき、うつ病の可能性があるのではないかと気がついたら必ず専門医の診察を受ける必要があります。心療内科か精神科の予約を入れ、最初の診察に行きます。その時は本人だけでなく付き添いの人も一緒に行きます。なぜなら、本人の話だけでなく家族や会社の上司・同僚などの話も同時に聞くことで、専門医はうつ病の状態をチェックすることができます。ストレスの原因を明確化することができれば適切な投薬治療や心理療法の計画を立てやすくなります。そして、最初のチェックした状態に合わせて治療を進めていきます。そして、一定期間が立つと、再び状態をチェックしていきます。本人の話と家族・同僚などの話を聞き、薬の種類の変更や心理療法など治療計画に修正を加えていきます。その都度、本人の状態に合わせて治療を進めていきます。うつ病は少しずつ段階を経て回復していきます。治療期間は長くなります。しかし、途中で無理に治療を加速させても状態は良くなりません。ひどくなる可能性が高くなります。焦らずに専門医から許可が出るまで治療は継続しなければなりません。

Copyright© 2018 自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】 All Rights Reserved.