自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】

メンタル問題のこと

ハートと聴診器

準備の重要性と種類

うつ病のチェックには、注意と準備が重要です。ネットで受ける場合、回線の接続状況には注意しましょう。ネットチェックの一番の問題は、送信エラーです。混雑した回線を使っていたり、通信状態が良好でなかったりすると、エラーが起きてやり直しが発生します。何度も起きるのは耐え難く、たとえ一回でも少なからず時間を浪費します。まず、これを防ぎましょう。例えば、パソコンならモデムを優先接続にします。ほかの通信改善策などを別途適用するのもいいかもしれません。また、携帯で受けるなら、電波状況のいいところに移動したりしましょう。工夫することで、エラ予防ができます。一方で、病院の場合は情報不足が天敵です。病院でのチェックには、初診でするもの以外に別料金で受けるものもあるのですが、これ保険適用外のことが多いです。保険が使えることを見越して受けると、まずいことになります。そのため、通院先のチェックのことは、最初に調べておきましょう。うつ病チェックの準備とは、タイムロスや余剰出費をなくすことなわけです。うつ病には複数の種類があります。中には「元気なのにうつ病」となることもあったりします。躁うつ病と呼ばれるのがそれで、気分の高揚状態と下降状態の変化の幅が大きくなります。元気な人が翌日に落ち込んでいたら、この症状の可能性が高いです。これに気づいた時、気落ちしてない時にチェックを受けましょう。躁状態の時がベストなのは、気力があるからです。うつに戻ると、無気力となって意欲が減ります。チェックタイミングを間違えないようにしましょう。また、最近では新しい種類のうつ病というのが注目されています。例えば、仮面うつ病と呼ばれるものがあります。通常は気分が落ち込んだりしますが、これにはそういった精神的症状はほとんど出ません。しかし、偏頭痛などの身体的な不調を発症しています。最も分かりやすい部分が仮面をかぶったように隠れてしまい、とても目立ちにくい症状です。身体症状がメインのため、内科の受診を転々として発見に時間がかかるということもたまに起こります。人のことを見るとともに、自分もかからないよう気をつけましょう。

Copyright© 2018 自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】 All Rights Reserved.