自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】

心療内科を受診するとき

診察

ゆったりした気持ちで

心療内科・精神科というと、敷居が高く感じるかもしれません。しかし、入り口をくぐってみると、意外と他の科の医院と変わりません。むしろリラックスできるようなインテリアになっているところが多いようです。受診時の流れも他の科の医院とさほど変わりません。初めての受診のときは、医師の診察の前に看護師の予審があるかもしれませんが、自分の思うことを包み隠さずに、遠慮なく伝えるといいでしょう。医師の受診の時も、遠慮は無用で、自分の思うところや症状をできるだけ具体的に伝えたほうが、医師も診断がしやすいでしょう。医師は話を聞きながら、うつ病なのか否か、チェックしています。できるだけ多くの情報を医師に与えたほうが、医師もうつ病か否か、チェックしやすいでしょう。医師は、あなたの話を否定したりはしません。何らかのアドバイスはあるかもしれませんが、医師はあなたの見方です。怖がらずなんでも話してください。診断が下されると、今後の生活の注意点や考え方のアドバイスがあるでしょう。診断が終わると窓口で料金を払い、処方箋をもらって薬局へ。このように、他の科の医院となんら変わらずに診てもらうことができます。なんか変だなあと思ったら怖がらずに心療内科を受診してみてください。どうせなら評判がいい医院で診てもらいたいというのが人情でしょう。評判は、電話で予約してみるとわかります。評判がいいところでは、予約診察までの期間が長い傾向があるようです。あまり長期だと、うつ病も悪化してしまうかもそれません。いろんなところに電話をかけてみて、自分でも耐えられる期間内に予約を入れてみてください。うつ病の治療には、評判も大切ですが、入りと自分との相性も大きいようです。これは自身してみないとチェックの仕様がないので、受診前にはなんともできません。自身してみて、医師と相性が会うのか、こちら側でもチェックしてみてください。医師のはしごは進められませんが、自分がよくなるためには、相性が悪いと思ったら、別の医院を受診してみることもお勧めします。診察費は1500円前後です。初心だともう少し高くなるのではないでしょうか。薬も診断結果によって変わるので、一概には言えませんが、1000円から3000円くらいだと考えられます。いずれも保険がききますので、そう心配しなくてもいいでしょう。

Copyright© 2018 自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】 All Rights Reserved.