自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】

日ごろから意識をする

男性

負担にならないように

うつ病は一度なってしまうと治療をして症状が良くなっても再発をしやすいという特徴があります。もともとなりやすい体質があると言われているので、生まれ持った体質により再発をしやすい状態にあるとも言えます。また一度は症状が良くなっても完全に治ったとは言えず、症状が弱くなっているだけなので、何かの拍子に元の状態に戻りやすいということもあるでしょう。そのため、うつ病になったことがある人は常に再発をしていないかのチェックをしておくことをおすすめします。鬱の症状が強くなってしまうと、自分自身が発症していることに気付きにくく、治療が遅れてしまう傾向があります。そうならないためには早い段階でチェックをして再発に気付くことが重要で、症状が軽いうちに治療を開始することで重症化を防げます。またストレスなどが引き金になって再発をすることが多いので、ストレスをためないように意識をしたり、ストレス発散法をもったりしておくことも大切です。自分でストレスをため込まないような対策がわかっていれば、再発の予防になります。何かをするというだけでなく睡眠をしっかりととったり、規則正しい生活をしたりすることもストレス発散法のひとつです。うつ病の人への接し方として重要なことは、病気だからと言って必要以上に特別扱いしないことです。何かにつけて病気をしているという負い目がある人が多いので、病気だということで特別扱いをされてしまうとそれが余計なストレスにつながります。あくまでも今までと同じように接するようにして、必要以上に病気について聞き出さないようにしましょう。仕事上の関係であれば、無理をし過ぎていないかを定期的にチェックするという方法もおすすめです。もともとうつ病になりやすい人は頑張りすぎてしまう傾向があるので、仕事の量を管理するためにも、仕事の負担が大きくなっていないかを確認していくと病状の悪化を防げます。そして無理をし過ぎないように仕事量を調整し、疲れている時には早めに休むように促しましょう。この時も指示のように高圧的に言うのではなく点何するような形で押しつけないようにすることが大切です。人間関係のストレスはうつ病の人にとって大きな栄養を与えるものなので、ストレスになってしまっていないかチェックしながら接していきましょう。

Copyright© 2018 自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】 All Rights Reserved.