自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】

簡単に見つけられるもの

医者

まずは自分で

うつ病というのは、病院にいかなくても自身で簡単なチェックができる場合があります。たとえば、身体がだるくて動かない、楽しみを「楽しい」と感じられない、感情の起伏が無いなどのことがあればインターネットを使って簡単にチェックすることができます。この方法は自分でできることが、一番のメリットです。これでわかることは「自分にうつ病の傾向があるかどうか」です。自分のことは自分でわかる、と考えていると痛い目に合うのがうつ病です。自分ではわからない、細かな精神状態の悪化や、それの積み重なりが原因でうつ病になっている場合、改めてチェックをしないと判明しないことがたくさんあります。自分で簡単にできる方法を試し、心当たりがある場合には医師に相談しましょう。また「インターネットが信用できない」という方は、病院に直に行ったときに「問診票」というものを書く時間が与えられます。問診票は医師が患者のことをチェックするひとつの指標になるものです。この問診票から、うつ病かどうかの見当をつける場合もあります。とにかく最初は簡単に、気軽にチェックを行うことが大切です。インターネットのうつ病チェッカーで気を付けることは、医師が作成したものとは限らないということです。あくまでもひとつの指標であり、自分で気が付けないことに気が付くためのもの、と考えるのが賢明です。中には完全に素人が作ったものもあり、その結果をそのまま医師に伝えると診断結果が変わってしまう恐れがあります。なので、うつ病のチェックとしては簡易なものだとしましょう。反対に、医師のもとでチェックを受けるのであれば、正直に答えましょう。医師からのチェックは、だいたいは口頭で行われます。患者の現在の精神状態をカルテに書き起こし、患者がどんなものを好きか、嫌いか、家族構成はどうか、家族や親類の中にうつ病患者はいるかどうか、などの質問を受けます。それによって、患者をうつ病だと診断するかどうかが決まります。どちらに共通するものとしては、自分に素直になることです。「この質問に、普段の自分はこう答えない」という姿勢で回答すると、診断結果に影響が出ます。自然体で、今の自分に正直に答えましょう。

ハートと聴診器

メンタル問題のこと

回線の確認や調査で準備をしておくと、チェックを受ける時にタイムロスや余剰出費を減らせます。気分の変調が大きい躁うつ病、身体症状に一番分かりやすい部分が隠れる仮面うつ病と、うつ病と言われる症状には複数の種類があります。

詳しく見る

聴診器

体の不調も見られます

うつ病に罹ると憂鬱な気分が長く続いたり、体の不調が見られたりすることがあります。インターネットなどでもうつ病チェックが受けられるので、病気が疑われる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。

詳しく見る

男性

早期発見のため注意しよう

家族や同僚の異変を感じれば、うつ病のチェックを行うべきです。初期の段階でうつ病が早期発見できれば治療期間を短くできます。しかし、それらのチェックも適切でなければ悪化することもあります。専門医は診察の度に状態をチェックし治療を進めていきます。

詳しく見る

診察

心療内科を受診するとき

心療内科や精神科は他の科の医院と変わりません。身構えずに気軽に訪れてみてください。診察料金も保険がききますので、心配するほど高額にはなりません。他の科では異常がないといわれたらうつ病かもしれません心療内科の医師にチェックしてもらいましょう。

詳しく見る

男性

日ごろから意識をする

うつ病は一度治っても再発をしやすいということを覚えておきましょう。普段から自分の体調をチェックする習慣をつけて再発をした時には早めに治療を開始します。またうつ病の人との接し方としては押しつけないようにしながら、気遣うことが基本です。

詳しく見る

Copyright© 2018 自分で簡単診断できるうつ病チェック【あくまでもひとつの指標】 All Rights Reserved.